カイロプラクティックと保険診療
保険診療は対処療法にとるため、痛みのある箇所のみを診療対象とします。一方自費治療であるカイロプラクティックでは、全身の微妙な矯正を行うことにより、不具合の原因を根本的に解消します。たとえば足首に傾きなどの問題がある場合、腰に痛みが出ることが多くありますが、保険診療の場合には腰の痛みを抑えることに専念し、カイロプラクティックでは今回の問題の原因である足首の矯正を行うことによって腰の問題を解決します。
 
当院では、患者さんが最初にカイロプラクティックを選択なさっていても、当方で保険診療で十分と判断した場合には保険診療に切り替えます。また、カイロプラクティックは全身を1つの対象として考えますので、上半身だけ、下半身だけ、骨盤だけ、顔だけ、のような治療ではありません。そのため、カイロプラクティックにおける追加料金などは発生しませんので、安心してご来院ください。